個人事業でも消費税を払わないとダメ?

個人事業でも消費税を払わないとダメ?

個人事業主になったばかりでしたら、消費税の扱いに疑問を持つこともあるかと思います。
たとえ利益が出ていなくても、消費税は納めなくてはいけません。
それは、消費税が「預かり金」という性質を持っているからです。
そういったわけで、個人事業主でももちろん、法人の場合と同じように消費税を支払う義務があります。
この場合の納税方法は、確定申告と同じように消費税についても申告をして納税を行います。
その際、中間申告という前もって予定されている一定額を納税する制度方法が設けられており、その回数は前課税期間に消費税を納税した金額によって決められています。
例えば、前課税期間の納税額が48万円以下の場合、中間申告は不要となりますが、400万円以下の場合は1回、4,800万円以下の場合は3回、4,800万円を超えると11回となり、毎月中間申告にて消費税を納税することになるのです。
ただし、基準期間の課税売上高が1,000万円を超えていない場合には免税事業者となり、消費税の納税は免除されています。
これは、個人事業主だけではなく、法人も同じです。
また、納税する消費税額を計算するための「基準期間」とは、前課税期間の2事業年度前を指すことになっていますので、2事業年度前の売り上げが存在していない、開業したばかりの場合には消費税を納税する必要はありません。
ただ、資本金が1,000万円以上の場合には、初年度から消費税を納税する義務があると決められていますので注意してください。

関連ページ

個人事業だと融資が受けにくい?
個人事業主として開業したい!と思っている方は少なくありません。しかし、開業するためには何を準備する必要があるのでしょうか。開業してから知らなかった!なんてことが起こらないように、しっかり準備しておきましょう。
税務調査は個人事業主でも来る?
個人事業主として開業したい!と思っている方は少なくありません。しかし、開業するためには何を準備する必要があるのでしょうか。開業してから知らなかった!なんてことが起こらないように、しっかり準備しておきましょう。