個人事業主で節税するには?

個人事業主で節税するには?

個人事業主の人は、自分自身で確定申告をする必要があります。
個人事業主におすすめの申告方法は、青色申告で申告する方法です。
個人事業主の確定申告には、白色申告と青色申告の2種類ありますが、少しでも節税をしたい場合は青色申告で申告しましょう。
青色申告は課税所得から65万円控除されるので、支払うべき税金が少なくなります。
他にも、特別控除や専従者給与の控除などの様々なメリットがあります。
ただ、記帳には専門知識が必要になりますので、勉強したり、税理士に相談してみましょう。
最近では、数値を入力するだけのパソコンソフトも販売されてるので、そういったソフトを利用するのも良いですね。
また、領収書は漏らさず、伝票に書いてきましょう。
細かい金額でも見過ごさないことが節税には大切です。
もし、アルバイトなどで人に仕事を依頼している場合には、アルバイトとして直接雇うよりも、外注として仕事を依頼する方が消費税の額を削減できます。
他にも、小規模企業共済に加入する事もおすすめです。
小規模企業共済とは、退職金制度のない個人事業主が退職金を積み立てできる制度で、小規模企業共済の掛け金は全て所得控除されるので税金がかかりません。
最大で7万円を掛けることができるため、年間にすると84万円の所得控除が受けられ、さらに、退職金の準備をすることも出来るのです。
納税は国民の義務なので、税金を納めず脱税することは違法にあたりますが、節税することは大いに結構です。
法律に反しない範囲で、しっかりと節約しましょう。

関連ページ

個人事業主で認められる経費って?
個人事業主として開業したい!と思っている方は少なくありません。しかし、開業するためには何を準備する必要があるのでしょうか。開業してから知らなかった!なんてことが起こらないように、しっかり準備しておきましょう。
記帳代行を頼む?自分で記帳する?
個人事業主として開業したい!と思っている方は少なくありません。しかし、開業するためには何を準備する必要があるのでしょうか。開業してから知らなかった!なんてことが起こらないように、しっかり準備しておきましょう。
個人事業主の経理のコツって?
個人事業主として開業したい!と思っている方は少なくありません。しかし、開業するためには何を準備する必要があるのでしょうか。開業してから知らなかった!なんてことが起こらないように、しっかり準備しておきましょう。
青色申告で必要な複式簿記はどうやって学ぶ?
個人事業主として開業したい!と思っている方は少なくありません。しかし、開業するためには何を準備する必要があるのでしょうか。開業してから知らなかった!なんてことが起こらないように、しっかり準備しておきましょう。