個人事業主として開業するには

経理記事一覧

個人事業主で認められる経費って?

個人事業主になると、事業にかかわる出費の全てを経費として計上することができます。たとえば、取材に行った時などの電車・バス・タクシーなどの交通費や文具などの消耗品、プロバイダー料金やNTT使用料などの通信費、租税公課や広告宣伝費、接待交際費や修繕費、外注費なども経費として計上することができるのです。備...

≫続きを読む

記帳代行を頼む?自分で記帳する?

個人事業主の人は、それほど複雑な取引が多くなければ、ある程度はご自分でお金の出し入れや売り上げなどの帳簿を記録することができます。記帳の方法には、複式簿記と簡易簿記がありますが、青色申告の所得税の控除65万円を受けたい場合は複式簿記を選びます。しかし、青色申告の複式簿記は専門知識を持っていないと、処...

≫続きを読む

個人事業主の経理のコツって?

個人事業を営む上で、経理の仕事は頭の痛い問題のひとつでもありますよね。経理を担当する従業員でもいればいいのでしょうが、個人事業ともなりますと、そうもいかないのが現実でしょう。まず、経理を行う上で最低限行っておいてほしいことは、事業専用の口座を開設しておくということです。私用の口座から、売り上げ代金の...

≫続きを読む

個人事業主で節税するには?

個人事業主の人は、自分自身で確定申告をする必要があります。個人事業主におすすめの申告方法は、青色申告で申告する方法です。個人事業主の確定申告には、白色申告と青色申告の2種類ありますが、少しでも節税をしたい場合は青色申告で申告しましょう。青色申告は課税所得から65万円控除されるので、支払うべき税金が少...

≫続きを読む

青色申告で必要な複式簿記はどうやって学ぶ?

複式簿記とは、1つの取引を2つ以上の勘定科目に振り分けて、借方・貸方に分けて帳簿に記入していく記入方法のことをいいます。複式簿記は、簡易簿記や単式簿記とは違い、入ってくるお金と出て行くお金の記帳でだけでなく、出し入れがなくても記帳していくのが大きな特徴です。月末の現金残高だけでなく、取引の内容なども...

≫続きを読む