個人事業主として開業するには

法人化・廃業記事一覧

個人事業主の事業承継の注意点とは?

個人事業で事業承継を行う場合には、法人企業とは異なり、元々の事業主の廃業手続きと、その事業を承継する人の開業手続きが必要となってきます。法人企業の場合には、経営者が変更になっても納税義務者は法人となっているので、わざわざ廃業、開業の手続きは必要ありません。しかし、個人事業主の場合には、その「個人」が...

≫続きを読む

個人事業の廃業のやり方とは?

もし、個人事業を廃業することになった場合には、「はい、明日からおしまいです」と言って廃業できるわけではなく、開業した時と同じように税務署に書類を提出する必要があります。まず、開業した時にも提出した「個人事業の開廃業等届出書」です。この書類は、廃業した日から1ヶ月以内に提出しなければならない決まりとな...

≫続きを読む

売り上げが上がったら法人にした方がいい?

個人事業で売り上げが増えてきたら、法人化した方が税金が安くなり、節約することができます。ただ、法人化することでデメリットもありますので、理解しておきましょう。まずは、会社を設立する手続きに費用がかかります。もちろん、資本金も必要になります。現在は、1円から会社を設立することができるようになりましたが...

≫続きを読む